医師のご紹介

ご挨拶

専門性の高い総合家庭医を目指して

写真:診察風景 あなあたのホームドクターとしてご利用ください。

 横浜市立大学医学部病院時代には、第二内科(循環器科)に於いて金子教授のもと家庭用血圧計を開発したチームの一員として、特に高血圧の研究を中心に過ごしました。その後、横須賀北部共済病院に内科医長として赴任し、内科全般を診ると共に当時の院長が小児科であったのを幸いに、開業準備として小児科も勉強させて頂きました。

 横浜・横須賀での診療で印象深かったのは、たとえ病気があっても高齢者が何らかの仕事や役割を持って、いわゆる長老として生き生きと存在している人が多かったことです。

 昭和55年に内科・小児科の鈴木医院としてこの地に開業いたしましたが、前任地の神奈川県と違って、栃木県には様々な特異性があることに気づき、『もう少し元気で長生きしてもらいたい。患者さんの平均寿命をたとえ1歳でも伸ばしたい』という念が日に日に強くなってまいりました。

 患者さんの立場に立って理想的な家庭医とはどのようなものかと考え、広範囲にわたって責任ある家庭医でありたいという自分の願いと患者さんの声などから、多くの専門医と管理栄養士によって、予防と治療の両面から1人の患者さんをトータルにケアーしてゆく総合家庭医という構想が生まれました。幸いにも自治医大と獨協医大のご理解をいただき、関連医療機関として多くの専門医を派遣していただけることになり、平成3年に複合診療科の「宇都宮東部クリニック」を開設いたしました。

 高齢化社会を迎え、多くの疾病を併せ持つ患者さんがたくさんおられますので、各科の専門の医師が連携を密にしていかなければならないと考え、独自のカルテシステムを導入しました。それは、大学病院のようにかかる診療科のカルテだけを廻すのではなく、今までにかかった全科のカルテを1つのホルダーに入れて運び、医師は全科のカルテに目を通しなから診療をすすめます。これによって、1人の患者さんの心身について常に多くの専門の医師の目が光っていることになり、病気の早期発見や適格な診断に大いに役立っております。

 病床なしの診療所ながら多くのベテランの専門医が来ている当院を、あなたのホームドクターとしてご利用ください。高度な検査や入院が必要な患者さんには、自治医大・獨協医大・済生会病院・芳賀日赤などの総合病院を中心に責任をもってご紹介いたします。

総院長 鈴木久武

経歴

〜昭和44年横浜市立大学医学部卒業
昭和44年〜48年横浜市立大学医学部病院第二内科(循環器科)
昭和48年〜55年横須賀北部共済病院内科医長として勤務
昭和55年〜旧・鈴木医院開業
平成3年〜現宇都宮東部クリニック開院

スタッフのご紹介

写真:診察風景
《担当医師》
鈴木 久武(内科・小児科・循環器内科・消化器内科)総院長
鈴木 武志(内科・小児科・循環器内科・腎臓内科)医学博士 院長
長坂 昌一郎(糖尿病内科・内分泌内科自治医大より(准教授)
櫻井 邦彦(神経内科)獨協医大より
星野 美奈(消化器内科)獨協医大より
前川 武雄(皮膚科、外科)自治医大より(講師)
林 隆洋(皮膚科、外科)自治医大より
他、自治医大 皮膚科より